貴重な5ナンバー枠の小さな高級車!トヨタの良心が詰まったプレミオ、そのおすすめグレードをご紹介!

みなさんこんにちは!読者の方の中には、日に日に大きくなっていくクルマのサイズに不安を覚えたり、寂しい気持ちになったりしている方もいるのではないでしょうか?日本は海に囲まれた島国です。大陸生まれのクルマが、そのまま日本の幅の狭い道路にフィットするかといえば、その答えはNO!ですよね。

日本ではセダンが売れなくなって久しく、その影響で多くのセダンが海外での販売を主軸に置いた3ナンバーサイズへ拡大されていきました。日産・ブルーバードは「シルフィ」になった際に、マツダ・カペラは「アテンザ」になった際に3ナンバーに。例外なのは近年5ナンバーサイズでデビューしたばかりのホンダ・グレイスくらいでしょうか。

そんな中、トヨタのプレミオは、まだ「コロナ」だった時代から頑なに5ナンバーサイズにこだわり続ける、国産車では稀有な存在です。今回は「小さな高級車」とでも言うべきプレミオの魅力と、おすすめグレードについてご紹介していきたいと思います。

トヨタ・プレミオとは?

トヨタ・プレミオは、2001年に初代モデルが登場、2007年に登場した現行モデルで2代目モデルとなる、トヨタの伝統的な4ドアセダンです。もともとは1960年代の「コロナ」から歴史がスタートしていて、日産・ブルーバードと熾烈なライバル争いを繰り広げていました。コロナの名称はやがて「コロナプレミオ」となり、2001年にコロナの名前が取れて現在に至ります。ちなみに、ライバルのブルーバードも「ブルーバードシルフィ」「シルフィ」と同じように名前を変えていきましたが、シルフィが3ナンバーサイズに拡大してしまった今、直接のライバルとは呼べなくなってしまいました。

ちなみに、トヨタの「アリオン」とは車体のほとんどを共用する兄弟車です。クルマのイメージは少し異なっていて、トヨタ・ウェブサイトの車種別ページを参照すると、アリオンのキャッチコピーが「COOL SPORTY SEDAN」となっているのに対し、プレミオは「人生を、祝福する。」となっています。アリオンはスポーティな若々しいイメージ、プレミオはより落ち着いた、ラグジュアリーなイメージを押し出していて、プレミオの車両価格の方がわずかに高く設定されています。とはいえ、以前アリオンにオプション設定されていたエアロパーツやローダウンスプリングが2016年に廃止されて以来、アリオンもラグジュアリー路線に転換。両車の差は今や販売店の違いくらいと言えるでしょう(アリオンはトヨタ店、プレミオはトヨペット店の取り扱い)。

参考:トヨタの良心が詰まったプレミオ買取専用ページ!

5ナンバーサイズではありますが、2,700mmというクラス最長のロングホイールベースを生かしたパッケージングで、同クラスでは最大級の室内空間を実現しています。リアシートは前に倒すことで、トランクと室内空間をつなげて、長尺物を載せることも可能。さらにはリクライニングすることもできるなど、高い実用性が自慢です。

3種類のエンジンを揃える、幅広いグレード構成

プレミオの2019年2月現在のエンジンラインナップは3種類。自然吸気直列4気筒DOHCのみで、1.5L、1.8L、2.0Lの排気量が設定されています。残念ながら、ハイブリッドの設定はありません。この3種類のエンジンを縦軸に、グレード構成を見ていきましょう。

横軸となるのが、装備によるグレード差です。F、X、Gと名付けられたベースグレードに、「Lパッケージ」というミドルグレード、「EXパッケージ」という最高級グレードがラインナップ。1.5Lモデルは最廉価グレードの「1.5F」「1.5F ”Lパッケージ”」「1.5F ”EXパッケージ”」の3種類、1.8Lモデルは「1.8X」「1.8X ”Lパッケージ”」「1.8X ”EXパッケージ”」の3種類、2.0Lモデルは「2.0G」「2.0G ”EXパッケージ”」の2種類、の計8種類が設定されています。

1.5Fと1.8Xはマニュアルエアコンですが、その他のグレードには花粉除去モード付きフルオートエアコンが装備されています。1.5Fと1.8Xには先進安全機能「Toyota Safety Sense」も装備されておらず、安全性の面から見るとあまりおすすめできないグレードです。法人利用などを念頭に置いたグレードと言えるでしょう。

ラインナップのほとんどはFFの2輪駆動モデルですが、1.8Lモデルにのみ4輪駆動モデルが準備されています。「1.8X」「1.8X ”Lパッケージ”」「1.8X ”EXパッケージ”」のどのグレードでも4輪駆動仕様が選択可能です。山道や雪道での走行が多い方には嬉しい配慮ですね。トランスミッションについては、マニュアルは設定されておらず、全車CVTのみの設定となっています。

プレミオのおすすめグレードは?

さてここで、セダンラボが選ぶ、プレミオのおすすめグレードをご紹介します。「2.0G ”EXパッケージ”」です!その理由を説明していきましょう。

まず、 ”EXパッケージ”のグレードのみに用意されている豪華な装備は、長く乗るときはもちろんのこと、リセールバリューのことも考えるとぜひ装備しておきたい、ということが一つ。”EXパッケージ”には、「本革シート」がメーカーオプションで設定されています。他のグレードにはオプションでも設定されていないので、ここはエクストラを払ってでも装着したい魅力的なオプションと言えるでしょう。 ”EXパッケージ”には他にも、本革巻きと木目調素材がミックスしたデザインのステアリングホイールや、Bi-Beam LEDヘッドライト、16インンチのアルミホイールなどが装着されます。コンパクトなセダンボディに本革シートを装備したプレミオは、毎日乗るたびに満足感を与えてくれるに違いありません。

エンジンに関しては、あらゆる場面で余裕のある2.0Lエンジンがおすすめです。1.8Lエンジンと最高出力を比較すると、2.0Lの152馬力に対し、1.8Lは143馬力と、その差は9馬力しかありません。そう考えると、積極的に2.0Lエンジンを選ぶ理由はなさそうなのですが、ここで注目したいのは最大トルク値です。1.8Lモデルは173Nmを4,000回転で発生するのに対し、2.0Lモデルは193Nmをより低い3,800回転で発生。この差が、高速道路や一般国道の走行、ワインディングなどの走行時に大きな余裕を生みます。高回転まで回すことがなくなるので、室内も静か、かつ燃費も向上します。カタログ値では1.8Lモデルの方が燃費がいいものの、実走行では逆転することもありうる程度の差しかありません。長く付き合っていくのであれば、2.0Lエンジン搭載モデルを強くおすすめします!

2度のマイナーチェンジで保つ「現役感」

プレミオの2代目現行モデルが登場したのは2007年のこと。2019年現在で、すでに登場から12年が経過しています。また、プラットフォームは初代モデルから引き継がれているので、プラットフォーム基準で見ると18年という、非常に長い期間生産されているモデルとなっています。

5ナンバーセダンの最終形態、とも言えるような完成度の高いプレミオですが、基本設計の古さは否めません。そんなプレミオを現役たらしめているのは、2度にわたるマイナーチェンジがあってこそ。内外装の変更はもちろんのこと、特に安全装備を強化することに力を注いできました。

現在は衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」をほとんどのグレードに標準装備するほか(1.8X、1.5Fでオプション設定)、インテリジェントクリアランスソナー、Bi-Beam LEDヘッドランプを標準装備するグレードも拡大。安全性の向上を図ってきました。

5ナンバーサイズのセダンは日本で生き残れるか

セダン、特に5ナンバーのセダンが日本で売れなくなってしまった今、プレミオのようなクルマが全く新しいプラットフォームで新規開発される可能性はほとんどなく、現行型がプレミオにとっての最終型になってしまうかもしれません。

今まで5ナンバーのセダンを長年愛用してきて、これからも5ナンバーセダンを乗り継いでいきたい層は一定数存在はしているのですが、残念ながらほとんど選択肢がない状況が続いています。これから先も、こうした「日本国内の5ナンバーセダン軽視」の傾向は続いていくのでしょうか?

個人的には、これから先も日本の道路の道幅が突然大きく広がることはない以上、セダンに限らず5ナンバーのクルマが生き残る可能性は十分にあると考えています。開発資金などの問題を乗り越えて、これからもプレミオのような魅力的なセダンが日本に残っていくといいですね。それではまた次回、お会いしましょう!

[ライター/守屋健]